2011年3月11日金曜日

旅の終わりのご報告



三年間に及ぶ、風博士の風まかせツアー、見守っていただき、本当にありがとうございました。





よく聞かれます、「旅がおわったら、どこに住むの?」




住所不定生活が終われば、どこかに住むのは当然でしょう。



そう、確かに。


確かに、僕は定住します。


ただし、定住先の住所は、身体の住所じゃなくて、心の住所です。





そうです、わたくし、本日(2011年3月2日)、婚姻届を提出して参りました。

旅の終わりに、生涯の伴侶を得たのであります。




彼女とは旅の道中で出会いました。

生活が生活ゆえ、会う事も自由にはままなりませんでしたが、会うたびに、この人と生涯やって行くのだという想いを強くしました。

旅の終わりの節目に入籍したいと言うと、彼女は素直に喜んでくれました。分かっちゃいましたが、改めてなんていいやつだ、と思いました。心底、愛しています。

というわけで、この結婚の報告をもって、 三年間に及ぶ風博士の風まかせツアー、締めの報告とさせてください。





もちろん、風博士、続けます。
これが、2010年頭の所信表明へのアンサーです。

正直に言って、家庭を安定的に回せるほど収入の確証があるわけではありません。
おそらくは、平坦な道のりではないでしょう。
でも、大切なのは、例えば紙一枚の確証よりも、それを目指す心持ちであること。
気張り過ぎず、そうで在ること。
それが旅に出て得た僕の確信です。




最後に音楽に。

飽き症な僕が、音楽はどこまでやっても面白い。
まだまだ作りたい曲があるし、アルバムの構想もあるし、弾いてみたいギターの奏法もある。出したい声のトーンもある。いろんなアーティストとも一緒にプレイしたいし、バンドだってしたい。コラボレーションもしたい。

音楽は、奥を見れば見る程まだ先があって、飽きることがない。
その情熱がなくなるまで、僕は音楽を続ける。


今後の具体的な活動予定ですが、
3月10日に、18:00からのNHK京都のニュース番組に出演します。

残念ながら、京都でしか見ることができませんので、見たい方は是非NHKに投書してください(^-^)


3月20日には、長野のネオンホールでライブ。
後輩みたいな友人が、彼の卒業記念ライブに呼んでくれました。



大きな予定は、3月はレコーディングをして、4月・5月は長野にて色々雑務をこなし、初夏に新譜が発表できたら、それをもって、長野を後にし、旅に出ようと思います。また旅って、あんた、なんのこっちゃいな(^^ ;


しかも今度は、嫁も一緒です。
ますますなんのこっちゃだな(^^ ;;;




てなわけで、

風博士の風まかせツアー、これにて終了。
三年間、ご声援ご愛読、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。



2011年3月2日、杉山拓、愛にあふれて。


2011年3月10日木曜日

新ブログ開設のお知らせ

風博士の風まかせツアー終了にともなって、このブログの更新はもうありません。
これからの更新は「新・月にムラッとくるも」でやります。

http://kazehakase.blogspot.com/

よろしくどうぞ〜

2011年3月7日月曜日

風豆くんが行く 最後の京都編





♪風豆くんが今日も行くよ〜

テルヨさんともうひとり、風豆くんの生みの親、ガケ書房スタッフのねねこさん。彼女がテルヨさんに依頼して、風豆くんは生まれたのでした。おかげで、旅がひとつもふたつも、楽しいものになりました。ありがとう。




ガケ書房ワンマンの後、私も豆ずきん持ってる、と言いにきた、風ファンの最古参のひとり、53年会のくままきちゃん(そう呼んだことないけどな)。んじゃ写真撮らせて!っていったらめちゃくちゃ恥ずかしがって、悪かったなあ。なんとか一枚撮らせてくれました。ありがとう。これからもよろしくな。




そして、最後は、なんとテルヨさんご本人の登場!!!

治療のため、剃髪しておられて、その姿は拝んでしまいたいくらいだった。


彼女の笑顔のほんとうに素敵なこと!!!

とても重い病気と闘病中とは思えなかった。


たくさんの人に想われ、それを素直に受け止め、力にしているテルヨさんをみて、なんて美しい人なのだろうと感動した。

テルヨさん、ありがとう。

全国の豆親とその予備軍たちと共に、あなたの快復を、心から、信じています。


そしたら一緒に旅しよう(^ ^)




テルヨさんのブログ
http://mamezukin.jugem.jp/?eid=

豆ずきんの公式ホームページ
http://mamezukin.ciao.jp/

2011年3月2日水曜日

粋歌 vol.10 終了!


あいにくのお天気だったけど、

満員御礼!



そして、


たくさんのメールや、


メッセージ、


差し入れ、


ほんとうにありがとう。



いまはバタバタですぐには返事できないけど、ちゃんと届いてるよ。ゆっくりとお返しするね




イベントは、五時間ちかくもやっていたよ。

やっぱりさらさ花遊小路、本当によいお店だよね。

そして、どの出演者のステージも素敵だった。

風博士は、総勢七人、野郎だけの風バンドも、楽しすぎて…

ハッピーな空間に包まれていました。

というのもね。

(つづく)


2011年3月1日火曜日

1095日目、三年の旅の千秋楽に

とうとう、風博士の風まかせツアー、千秋楽であります。



2008年3月2日、京都は五条大橋の上から、住所不定ツアーが始まった。
母との約束で、旅は三年間の限定だった。十年以上住み親しんだ土地との別れだった。

出発のとき、淋しさとワクワクが半々に入り混じった不思議な気持ちだったけど、不安はまったくなかった。それよりも面白さが勝っていた。

三万円という少ない所持金がより笑えた。
CDを発注して、荷物を整理して、いろいろしたら、三万円しか残っていなかった。

そのうちの一万円で青春18切符を買い、もう一万円で「京都のおかん」のところに行ってカバンを買い、伏見稲荷に寄っておみくじをひいて、「方がく 南の方よし」の文字をみて、残った一万円を握りしめて、南行きの電車に乗った。

すべてが、ついこの間のことのように思える。

 ・

僕は、かつてのブログでこう宣(のたま)った。「人生はギャグのごときものである」と。今もその想いは変わらない。変わらないどころか、三年間の旅を経て、より一層その想いを強くする。何故なら人生一回こっきり、悲しく過ごすより楽しく過ごした方がよいからだ。生きることが死ぬまでの暇つぶしだとしても、暇のつぶし方には工夫があってよい。

三年間、いろいろあった。
人の生活の三年間を一言でまとめることなど到底無理だし、野暮だ。
ましてや旅していたんであるから尚更だ。

それを敢えて、一言で言うなら、「楽しかった」。
本当に、旅に出てよかった。



そして、とうとう、旅の最後を迎える。
昔なじみのカフェ、さらさでライブパーティだ。

ずっとこの日が待ち遠しかったような、できれば来て欲しくなかったような、複雑な気持ちだ。

この三年を思うと、いくつもの顔が浮かぶ。

大きな病気をすることなく旅することができたのは、みなさんのおかげです。

ライブに来てくれたひとたちのおかげです。

音源を買ってくれたひとたちのおかげです。

旅先で出会ったひとたちのおかげです。

これを読んでる、あなたのおかげです。

本当にありがとう。
どうか皆さんに、素敵なことがありますように。




(2011年3月2日に、最後の書き込みをします)

2011年2月27日日曜日

風博士の風まかせ、企画収束

まずこちらをご覧ください


>>企画紹介



以下報告のような、独り言のような。。。

■禁煙宣言
禁煙宣言すること7回、現在その26日目、なお禁煙継続中。今回の動機は純粋無垢だから成功の予感が多いにある。先月末のライブでもうひとつ調子の悪かった喉を、煙草のせいにしたのだ。そう思った時点で煙草はやめようというのは、もとより歌い出した頃からの決意なのである。だから恐らく、今回は大丈夫だろう。しかし、ニコチン中毒というのは恐ろしいもので、今なお、一向に、煙草が吸いたいという欲望が全く収まらない。いつもではないが、時折、強烈に吸いたくなる。僕はそれを、不屈の精神で持って押さえ込んでいるんである。禁煙外来にも、ニコパッチにも頼らずに、ただ克己心だけでもって懸命に禁煙を続けているんである。偉い。素晴らしい。しかし、そうはいっても、やはりどうしようもないときもあるのだ。そんなときは、どうするかというと、珈琲を飲る。珈琲を飲んだら煙草が欲しくなるかと思っていたが、そうでもない。珈琲は深く味わえばそれだけで心身をすっきりと満足させる悦びがある。なんのことはない、ニコチン中毒からカフェイン中毒への鞍替えだ。まあ煙草よりは体面もいいだろう。しかし問題もあって、珈琲を続けていたら、煙草を止める前より日銭がかかるようになってしまった。

鹿児島で居候していた友人の家の目の前は丁度病院の裏口で喫煙所になっており、そこでは息も絶え絶えに見える入院患者さんたちが、実に美味そうに煙草を吸っていた。その姿はむしろ健康的であった。晩年、歌をやめたらまた吸いはじめよう、と思った。もっともそのときまで喫煙文化が続いているかどうかは分からない。



■体重測定会
旅立ち前は、74kgでした。さて、2011年2月26日現在の体重は…(銀水湯にて撮影)


YouTube Video



(^з^)





■鳥さんと歌おう
鳥さんと一緒に歌った、というよりも、鳥さんが歌っているときにギターを弾いていた、というのが正しいだろう。分かってはいたが、外でギターを弾くのは気持ちのよいことだ。
余談だが、旅先で、鳥さんと歌う御仁に会った。彼は森の人で、口を尖らせ人差し指と中指をその先に当てて吹き、まるで本当に鳥が歌っているかのような、高くて綺麗な音を出した。しばらく続けると、本物の鳥たちが集まってきて、彼の吹く歌に合わせて歌い出したのである。夢のような、素晴らしいセッションだった。

鳥さんと歌いたい気持ちはこれからもずっと続くだろう。



■音をあつめて
もっともRPGっぽかったこの企画。
一番注目度も高かった(はず)。

2011年2月26日現在、 25個。

今考えれば、すべて聴くなどと、はじめから無理のある企画であった。
3年間で100個など、普通に考えたら到底無理である。平均して1年に33個ってことは、1ヶ月に三個弱、ってことだ。

どだい、無理な数である。
音あつめは金もかかるし、時間もかかる。 季節も重要だ。


だから、これは、生涯のクエストにする(言いましたよ)。

昔のを読んでみると意外に面白いので(伊勢志摩海女の磯笛とか、岡城跡の松籟とか、いろいろ)、 音あつめの記事だけ、別ブログにまとめます。いずれね。で、これからの音あつめの更新はそっちでやります。いずれね。







京都 北白川 ガケ書房

ついてた、というより、あまりに身近過ぎて、ついた報告するの忘れてた。写真も撮ってないや。


昨日は、人生が倍楽しくなる書店、ガケ書房にて、風博士の風まかせツアー、最後の単独公演。


来てくれてありがとう。
気分はウェルカムマイホーム。
遠方からも来てくれた。
久しぶりの人もいた。
本当にありがとう。


いよいよ、という想いはどうしても強かったけど、なるべくいつも通りやるようにしたよ。その方がよい状態で歌えるから。それでも曲中、振り返ったりすると、ぐっときたなあ。区切りや終わりはセンチなもんだ。やばかった瞬間が何度かあった(^з^)


旅グルメ振る舞うこともできたし。
好評だった。
ほんと、よかったなあ。


おいら幸せもんだ。





さあ、次は本当にツアー最後。
旧き友や新しき友を集めてパーティーだ。





いやー、いい夜でした!



またやりたい笑




2011年2月26日土曜日

音をあつめて25 No.084 室戸岬・御厨人窟の波音

去年の九月の音あつめになりますが、アップがまだでしたので、報告します。




2010年9月26日、高知歩屋さんでのライブを終えて打ち上げの席で、音風景100選の話になった。

ツアー中にすべて聴こうと思ってるんです、なんて、笑いながらはなした。

その日共演したanoaちゃんの従姉妹の山岡さんという方が丁度室戸からいらしていて、いやー実は室戸にも音風景があるんですよねー、でも電車もないし、遠くて中々行けないんですよ、などといったら、それなら、よかったらウチに来ませんか?明日にでも一緒に行きましょう、と言ってくださった。

なんつー素敵な人だなや、ありがたやありがたやと心中で手を合わせる・・・

そして、その夜、そのまま室戸に帰る車に便乗させてもらう。
余談だけど、着いたお家は豪邸で、恐縮しまくった。。。




翌日は生憎の空模様。
それでも音風景のある御厨人窟まで車で連れて行ってくれる。



 路肩の紅い花が南国である。

御厨人窟(みくろど、と読む)は、高知県の最南端、太平洋を南に伸びる室戸岬の先っちょにある。
山岡さんの御宅から車を走らせること20分、御厨人窟(みくろど、と読む)に着いた。すなわちここが高知の最南端である。



 今回の音風景は、なんでも弘法大師空海が、洞窟の奥で修行し、洞窟の奥から聴こえてくる太平洋の荒波の音を聴きながら、悟りを開いたという由緒のある音風景なのだ。




この左にある洞窟が御厨人窟であります。


それでは聴いて頂きましょう、これが日本音風景100選のひとつ、室戸岬・御厨人窟の波音です。
video
 

どうでしょうか。
かすか〜に潮騒が聴こえますね。

空海さんは恐らく何日も何日もこの洞窟に座して修行していたと思われますから、極度に集中力が高まって、洞窟内全体に響き渡るくらい大きく波の音が聴こえていたものと思われます。夜だとよく聴けるかもしれない。


ちなみに、御厨人窟のちょっと先は遊歩道になっていて、幻想的な風景が広がっています。日本とは思えない。


写真じゃもひとつ伝わらない。。。
けど、ほんとうに異世界でした。
奇妙な形の岩がデロロンと伸びて諸星大二郎の世界のような。


折角なので、anoaちゃんと写真撮りました。
 

anoaちゃん、山岡さん、どうもありがとうございました。



[音風景データ]
「室戸岬・御厨人窟の波音」
採取した日:2010年9月27日
場所:高知県室戸岬
採取難度★★★★☆
行けば聴けるが、行くのが大変。交通手段は車か、歩きのみ。
お遍路すれば札所なので必然的に寄る。








[音をあつめてとは...]
1996年当時に、環境庁(現環境省)が定めた「日本の音風景100選」を、ツアーがてらすべて聴いてみようという企画。

風豆くんが行く 大阪編

「まめ市」、明日だよ!











↑詳細は画像をクリック!!
ぜひ足を運んでください。







♪風豆くんが今日も行くよ〜



風博士の大阪マネージャー、溝田。彼女は映像もやっています。関西のステージの時には大抵います。しかし、青タイツって、お前(^^); あ、この日はパーティだったそうです。これからもよろしく。



左は川手華ちゃん。風ファン最古参の一人です。右は岡野さん。いつも熱いエールをくれます。彼女たちがライブに来て楽しんでいるところをみると、このひとたちは人生の楽しみ方を知ってるよなあ、と感心します。老後に一緒にお茶するのが夢です。岡野は豆親さんでもありますよ。でも洗濯しちゃってやせちゃったそうです。




今回共演した杉瀬陽子さん。かわいいねー。歌も声もすごくよい。かつてはPUNKでぶいぶい言わせていたそうです。面影ないね。もうじきアルバムもでるそうですよ。バックでギター弾きたいなあ。



吉田ピンチ氏。なぜピンチなのかは分からないけど、MCで「ピンチです」ってのが面白かった。かつて僕がやっていたレーベルで、彼のバンド、ヒトリトビオの音源を出しました。この人は本当にすごいアーティストなんだけど(曲とか詞とか発想とか絵とか)、あんまりすごさを感じさせないところが更にすごい。いちファンです。



ムジカジャポニカの天使、ジョンソン。その実体は、へんな外人、ジョンソンtsu氏。いや逆か。ギターの名手です。昔のRainbowHillのときのステージはすごかったなあ。。。




こうしてみると、

やっぱり、大阪ってファンキーね。

風豆くん目立たないもんなあ。。。




てな訳で風豆くんは今日も行くのだ〜








 まめ市、明日!!!


---------------------------------
「まめ市」のお知らせ
---------------------------------
闘病中の豆ずきん作家テルヨちゃんを応援する仲間が集まって小さな市と投げ銭ライブをするチャリティーイベントです。
豆ずきんを知ってる人も、知らない人も、ぜひおこしください!

http://salicoo.net/mameichi/

日時 2月27日日曜日
   12時〜6時

入場無料

場所 カフェ アイタルガボン
   京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町435
   phone : 075-255-9053
   http://italgabon.blog133.fc2.com/



2011年2月25日金曜日

風博士の風まかせツアー、いよいよ。

こんにちは、風博士の杉山です。
いかがおすごしですか。

僕は古巣京都にいます。
春の風が吹いています。


3月1日火曜日の『粋歌 vol.10』は、結構前に、SOLDOUTしてました。
twitterでは報告してたんだけど、ブログではまだでした。
遅くなって失礼しました。





と に か く


博士感激。


みなさんのお力添えなくしてはあり得ないことでしょう。
ほんとうにありがとう。

遠方から足を運んでくださる方も多いようで、泣ける。
この人は〜と、紹介だけでイベント終わりそうな予感。
(^^)



ただ、「知らなかった〜」とか「予約しようと思ってた〜」という声もたくさん聴きます。
申し訳ない。


その代わりじゃないけど。


2月26日土曜日に、京都左京区北白川にあるガケ書房でのライブはまだ席に余裕があります。


3月1日の方は、パーティだけど、こっちはガチンコで音楽。
三年間の集大成という意味では、ガケ書房の方がその色が濃いと思う。
がっつり音楽を聴きたい方には是非、来て頂きたい。


耳をそばだてて、どこまでも聴いてもらってよいくらいの、音楽をします。



『風博士の風まかせツアー 有終の美』
2011年2月26日(土)
会場 ガケ書房(http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/

開場 19:00
開演 20:00
料金 2,000円(ガケ書房500円商品券付き)

予約・お問い合わせ
ガケ書房まで(12:00〜22:00)
TEL 075-724-0071

#ご予約をお勧めします

#有終の美 特別企画
風博士杉山が各地で出会ったグルメを紹介する「旅グルメTOP5」のコーナーあり。
旅写真のスライドショーあり。
飲み物持ち込み可ですが、特別なビールあります。特別なアテあります。お楽しみに。

2011年2月24日木曜日

風豆くんが行く 熊本~鹿児島編

まめ市開催間近!!!










ぜひ足を運んでください。





てなわけで、

♪風豆くんが今日も行くよ~

はじまりはじまり〜




【熊本】

熊本市の繁華街、西銀座通りにあるbar rupaのCoby。たまらなくセクシィだなあ、写真だとw(本物ももちろん…)。愛に溢れた熊本の姉御。Cobyのおかげで熊本のライブはいつもすごいことになるんだぞ。いつもありがとう。






僕の中で熊本はと言えばこの人の顔がまず浮かぶ。ひょんな縁で知り合った直江さん。奥さんにも会いたかったけどムチ打ちで… 直江夫妻との出会いの話はいずれどこかで書きたい。





【鹿児島】

鹿児島在住の野田姉妹、明子さんと弘子さん(ひろこさん名前間違えてました.ごめんね)。明子さんは以前から豆ずきんを知っていて、豆親にもなりたかったのだそう。というのも、彼女は鹿児島の手芸専門店まきのにお勤めなのです。『豆ずきん読本』の愛読者でもあります。全快を心より願っておられたよ。





鹿児島の加世田というところでくるす屋というごはん屋さんを営む鮫島姉妹。右が姉の智子さんで、左が妹の直子さん。くるす屋さんでは去年の九月に歌いました。くるす屋さんのつくるごはんは、本当に、美味しい。仕事が丁寧なのでしょう。その手間と、絶妙な塩梅を頂くことの素晴らしさ。ライブの打ち上げで供してくださった「ただ煮ただけ」という魚のブイヨンは、今まで一番旨いスープだったなあ…





鹿児島天文館でイパネマというバーをされている田山さんと奥さんのひかりさん。イパネマは、旅の初年度からお世話になっているお店。田山さんは来鹿する旅に海に連れて行ってくれる、良き兄貴。ひかりさんは、めっちゃキュートな人。一緒にたくさん歌ってくれたよ。そういや、二人は、会った当初は結婚してなかったよなあ。





鹿児島一の伊達男?、久保くん(兄)。普段は敏腕税理士さん。風博士の顧問税理士でもあるw。久保くんは風博士の初めての鹿児島ライブから見てくれています。でも、テカり過ぎですね。なんど撮り直してもテカるので、顔をよく拭いてもらってから撮った写真がコレという奇跡。





右は慶蔵オーナーの久保くん(弟)。左はスタッフのじゅんくん。今回のライブではとてもお世話になりました。鹿児島いるときは毎日通ってたからなー。慶蔵は、なぜか、めちゃくちゃ音がよい!オーナーの久保くんは実はかつてはホルン吹きだったという経歴の持ち主。顔に似合わずw





杉山の学生時代からの友人、川原竜平。彼は300年続く窯元、龍門司焼の跡継ぎ。その縁で、一昨年には窯焚きにも参加しました。三年間で何度も世話になった。僕に一切金を使わせなかった。本当に感謝している。ありがとう。








てなわけで、風豆はもう少し、行くのだ〜





 もうすぐまめ市!!!

---------------------------------
「まめ市」のお知らせ
---------------------------------
闘病中の豆ずきん作家テルヨちゃんを応援する仲間が集まって小さな市と投げ銭ライブをするチャリティーイベントです。
豆ずきんを知ってる人も、知らない人も、ぜひおこしください!

http://salicoo.net/mameichi/

日時 2月27日日曜日
   12時〜6時

入場無料

場所 カフェ アイタルガボン
   京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町435
   phone : 075-255-9053
   http://italgabon.blog133.fc2.com/



2011年2月23日水曜日

大阪 梅田 ムジカジャポニカ

ついちまったぜ






風博士、吉田ピンチ、杉瀬陽子。







ムジカの妖精ジョンソン氏




杉瀬さんがリハしてます。


とってもよいな~♪


ツアーも終わるぞ~



2011年2月21日月曜日

鹿児島 加治木町 慶蔵

ついたよ







安吾だ











慶蔵の鳥刺しは夢にでて来るくらい絶品。





あー
見てるだけで一杯呑りたい



九州最後のステージ、楽しみです。



2011年2月20日日曜日

鹿児島 天文館 花柳食堂

ついたぞー



フラミンゴアパートは面白いビルです。ピンク色なのだ。




この狭い階段を昇ると




花柳食堂であります。




以前食べてファンになった、ムサカ(ギリシア風ハンバーグ)を作ってくれたんだ。相変わらず、旨い!


いい夜になる予感でたくさんです。

2011年2月16日水曜日

熊本 新市街 rupa

着きましたぞい




rupaは繁華街の中にあるぞ。















いやー
熊本嬉しいです。